晩白柚ルポルタージュ

熊本に住む30歳の独身男性が旅行・キャンプ・カレーについて語ります

メカラウロコ28

今月9日に父と行った冬キャンプのこと、最近訪ねたカレー屋のこと等々、書きたい記事がいくつかあるところ、日付が前後してしまいますが、昨日福岡ヤフオクドームで開催されたTHE YELLOW MONKEYのライブ「メカラウロコ28」に行ってきたので、そのことに触れておきます。

この日記を以前から読んでいる方であれば、僕とイトシマオが大のイエモン好きだということは周知の事実だと思います。イエモンファンにとって12月28日は特別な日であって、この日開催されるライブに参加することはファンであることの重要な証明です。昨年は日本武道館で「メカラウロコ27」が行われ、某友人と参加してきました。本来、この日のライブは東京で開かれることが常ですが、今年はなぜか福岡で決行されることになり、そうとあればということで福岡在住のイトシマオと参加することにしたのです。

 

2017年12月28日

ライブはある程度酔っ払って観なければ楽しくない、というのが我々のスタンスです。この日、会場へ向かう前にまず西新に集合して、韓国料理屋で景気づけの酒をあおることにしました。イトシマオは韓国における焼酎のようなもの「チャミスル」が好きだと言って飲んでいましたが、消毒液のような独特の香りが受け付けず、僕はマッコリをやかんで注文して飲んでいました。

ほどよく酔っ払った我々は、18時の開演前ギリギリにタクシーで会場に乗り付けました。イトシマオが取ってくれた席はアリーナ、ステージからほど近い場所でした。

この日のセットリストはこちら。12月上旬に東京ドームで行われたライブでは「サイキックNo.9」「SPARK」「天国旅行」といった定番かつ僕が大好きな曲が披露されていたのに対して、今回のメカラウロコでは比較的マイナーで古いナンバーが数多く演奏されました。正直なところ、僕はイエモンの古い曲をそれほど好きではないので、「いいから天国旅行をやってくれよ」と心のなかでぶつくさ言っていましたが、さりとて「追憶のマーメイド」などは1995年以来20数年ぶりにライブで披露されたらしく、とても貴重な場であったのは間違いありません。「O.K.」や「MOONLIGHT DRIVE」といったただのシングルB面のドマイナー曲は、生きているうちにライブで聞けるかどうかわかららないほどのものですから、それを生で観ることができたのは非常に運が良かった、というのはイトシマオも頷くと思います。

ライブが終わって、終電が来るまで大濠公園の近くの居酒屋で飲みました。この1年間の僕の身の上について話し、彼から色々とお叱りを受けました。その内容はとてもこの場に書くことができませんが、ともかく、僕を面と向かって批判してくれるのは彼ぐらいのものなので、彼の存在には本当に感謝しています。